開催概要

開催概要

WRFとは

今回で12回目の開催となりますWinter Racing Festival(WRF)とは読んで字のごとく「お祭り」です。

新春の走り初めをしておきたい貴方!
シーズンを目前にウォーミングアップも兼ねてサーキットを楽みたい貴方!
美しい富士山が見渡せる富士スピードウェイで、冬のお祭りに参加してみませんか?

チームでピットを貸し切ってのんびり過ごすのもよし。
サーキットデビューをしてみるのもよし。
春に向けてマシンのテスト走行をされる方もいらっしゃいます。

WRFとは様々なサーキットの楽しみ方を提案している走行会です!

なぜWRFは安いの?

営利目的なしでのアマチュア団体(Ground Effect Racing)の主催、ボランティアスタッフによる運営、 法人様の参加、富士スピードウェイ様のご協力等を 通して可能な限り低価格にてご走行していただけるように運営しております。

誰でも走れるの?

WRFではどのクラスでも富士スピードウェイのライセンスがなくても走行する事が可能です。
今回も初心者の方から中上級者の方までお楽しみいただけますように3クラスに分けて開催いたします。 お昼休みには体験走行(先導車両付きパレードラン)も実施し、お子様連れのご家族でもお楽しみいただけます。

楽しい冬のサーキットはいかがでしょうか?
スタッフ一同、皆様のご参加をお待ち申し上げております。

主催者ご挨拶

konno

WRFも12年目を迎えました。
毎度のご挨拶ではございますが、営利目的なしのアマチュア団体でここまで続けてこられているのはご参加いただいております皆様のおかげに他ありません。この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございます。

WRF12では様々な部分を変更させていただいております。前回の終了後にアンケートを取らせていただきました。皆様の熱い思いと共に不具合点も見えてまいりました。

大きな変更部分は「募集」に関してです。前回の早割は1分強で完売。一般募集も約7分で完売でした。ありがとうございます。とてもありがたい事ではございますが、多くの方が予想外の完売の早さに参加頂けなかったという事態も起こっております。 できるだけ公平な募集のために様々なケースを考慮してきましたが、価格を上げるというところに落ち着いてしまいます。しかしながら今回も大幅な価格アップは避けました。その結果、今回の募集において様々な「不公平」が生じておりますことを何卒ご了承ください。

今回は従来の団体優先ではなく、誠に勝手ながら団体リピーターの皆様を優先させていただきました。「早打ち合戦」のような申し込みをできる限り避けるためです。新たな参加者や、これからモータースポーツに興味を持たれる方は不公平感を持たれると思いますが、今後、さらに募集方法を改善していきます。今回は通過点であるという認識を持っていただければ幸いです。

次に多かった不具合はマナーの悪さでした。
これについては今回よりドラミの確実な参加のために受付とドラミを同時に実施するスタイルに変更いたします。前回の「プレミアムクラス」で試験運用を行い良好な結果となりましたので、今回より全クラスに展開いたします。例年と異なる手順となります。どうぞご協力願います。

WRF12におきましても「モータースポーツの底辺を担う」という原点に変わりはございません。変更点が多く皆様には多大なるご迷惑をおかけすると思われます。「継続はちからなり」の継続の部分に関わる変更でございます。何卒ご理解ご協力をお願い申し上げます。

WRF12では法人クラス3枠と「プレミアムクラス」「中上級者クラス」「初級者クラス」というクラス分けでの開催です。変更点が多いとはいえ安全面、運営面における進化を含んでおります。是非皆様でWRFをお楽しみください。

今回も安全を最優先して運営してまいります。冬のお祭りです。「楽しんだ方が優勝」です。主旨にご理解、ご賛同をいただき、第12回もご参加を何卒よろしくお願い申し上げます。

2019年2月24日に富士スピードウェイでお会いしましょう!

Ground Effect Racing
今野 竜太郎

ページトップへ